クラウドボイスで最新のコラボレーションを簡素化

お客様の組織の成長と発展に合わせて、業務に必要とされるテクノロジーも進歩しなければなりません。 
 
通話をクラウドへ移行し、組織全体のテレフォニーを合理化することは、コミュニケーションインフラの現代化とビジネスの将来対応のために重要なステップです。
 
もはや電話システムはスタンドアローンソリューションの時代ではありません。統合化されたコミュニケーションとコラボレーションスイートの一部でなければなりません。
クラウドボイスは品質と信頼性に重点を置いており、お客様のすべての音声通話およびカスタマーエクスペリエンス(CX)の要件を満たす、クラウドネイティブなコミュニケーションサービスを提供します。クラウドボイスはサービスとして、従来のIP-PBX、最新のUCサービスおよびクラウドコンタクトセンターのギャップを解消し、連携して動作します。これにより、お客様の組織のテクノロジー移行を支援し、グローバルな音声通話サービスのシングルソースになります。
 
電話システムまたはクラウドUCソリューションのための音声通話サービスを実現することによって、シームレスなワークエクスペリエンスを構築して、ユーザーおよびITスタッフの複雑さを除去し、効率を向上します。

しかし、コミュニケーションのクラウドへの移行は複雑なものです。何にでも合う万能のソリューションはありません。それぞれの組織は異なっていて、それぞれに異なる要件があります。ビジネスニーズがどのようなものであっても、当社は、シームレスなクラウドへの移行を成功させるお手伝いをします。お客様が必要とされる項目をお選びください。 

 

workplaceadvisoryservices
音声通話機能をクラウドへ移行

最新のコミュニケーションを導入して、クラウドネイティブな音声通話サービスを活用することにより、従業員の接続を確立します。これでユニファイドコミュニケーションが将来まで使えるようになります。お客様のユーザーを音声通話付きのCisco WebexまたはMicrosoft Teamsへ移行して、信頼性の高いセキュアな音声通話サービスをグローバルに確保します。

音声通話サービスのコストとインフラを合理化
複雑さを最小化し、音声通話サービスとUCインフラを、お客様のクラウドボイスのニーズに合致した費用対効果の高い単一のエンタープライズコミュニケーションソリューションに一元化します。
既存の機器をクラウドボイスに統合
既存のテクノロジーを維持したままクラウドボイスの能力を活用します。オンプレミスPBXとアナログ機器を統合するか、またはハイブリッドアプローチを採用することによって、既存の資産を最大限に利用しながらクラウドへ移行します。
クラウドでコンタクトセンターを稼働

Microsoft Teamsなどの優れたクラウドUCソリューションとシームレスに統合できる、クラウドネイティブのコンタクトセンターへ移行して、カスタマーエクスペリエンスを向上し、交流を強化します。