クラウドへの移行を容易にするユニバーサルアクセス

移行の道程を簡素化、既存の機器をクラウドボイスで利用

ユニバーサルアクセス

既存のテレフォニー資産へのアクセスを実現

ユニバーサルアクセスは、お客様の事業の継続性とスムーズな移行を実現する一連のサービスです。お客様のビジネス要件の中には、クラウドへの移行戦略の一部として対応するべき項目がよくあります。ユニバーサルアクセスは、そのような場合にクラウドボイスへ移行するブリッジとしての役割を果たします。

必要とするものがオンプレミスでの通話プラン1セットであっても、また、すべての音声通話要件に対応するクラウドボイスサービスであっても、あるいは既存の音声通話機器を使ってクラウドUC環境で運用する必要がある場合でも、ユニバーサルアクセスサービスは、最新のワークプレイスと重要なビジネスサービスを結びつけることができます。

さらに、既存のキャリアサービスが必要な場合には、ユニバーサルアクセスをMicrosoft TeamsやCisco Webexサービスと統合することもできます。より高いレベルのサービスを必要とする場合には、当社のデータセンターとお客様のプライベートネットワークの間に専用のクラウド接続を確立することができます。

Customer case study

Jensen Hughes社は、時代遅れになった設備および急速な事業展開によって、さまざまなテレフォニーの問題に直面していました。多数のデバイスにわたって単一のユーザーエクスペリエンスが得られるソリューションが必要でしたが、それは複数の事業部門およびさまざまな場所での要件に適合することも求められました。

Jensen Hughes社は、PSTNテレフォニーの完全統合を含むコラボレーションおよびコミュニケーションのニーズに対応するために、世界中でMicrosoft Teamsだけを使うことを選択しました。

Jensen Hughes社がグローバルなコラボレーションソリューションとしてMicrosoft Teamsを選択した理由をご覧ください

Case study
Jensen Hughes社がグローバルなコラボレーションソリューションとしてMicrosoft Teamsを選択した理由をご覧ください
Case study
Paradigm社が既存のMicrosoft 365ライセンスを活用して既存のソリューションをアップグレードした方法をご覧ください
Paradigm社は、従業員のリモートワークのためにフレキシブルでセキュアなソリューションを必要としており、既存の電話システムをアップグレードしようと考えていました。Paradigm社は、すでにMicrosoft Office 365 E3ライセンスを持っていて、既存の資産をこの新しいデジタルトランスフォーメーションプロジェクトで活用したいと考えていました。
 
「すでに持っているテクノロジーとツールを活用してより良い組織になる方法を見つけました。NTTが提供するMicrosoft Teamsが当社に最適なソリューションでした。」 
Evan Touchett, 
Head of IT, Paradigm

「クラウドボイスとは?」

多くの企業が、リモートワークへ切り替えるとともに、コミュニケーションおよびコラボレーションツールをクラウドへ移行するニーズを持っています。クラウドベースのテレフォニーは、データとデバイスの統合における次のステップです。 
 
お客様の従業員が300人でも30万人でも、ネットワーク容量、プラットフォームの場所、地域的な法規制を気にせずに、どこからでも音声通話サービスをセキュアに利用できます。
 
クラウドボイスは、主要なクラウドPBXおよびCisco WebexやMicrosoft Teamsなどのユニファイドコミュニケーション(UC)ソリューションと統合可能です。クラウドでの音声通話サービスへの移行は、品質を低下させることなく、容易にできなければなりません。
FAQ
「クラウドボイスとは?」よくある質問にお答えします

'Paradigm社は、すでに
Microsoft Office 365 E3
ライセンスを持ってい
て、既存の資産をこの新しいデジタ ルトランスフォーメーションプロジ new
ェクトで活用したいと考えていまし
た。